*

2階の浴室でシャワー

公開日: : 日々のこと

病院を退院して、3ヶ月と1週間経ちました。本来ですと私の生活は2階で生活していたのですが、2階には歩いていけないので退院後はずっと1階のソファーベットで夜寝ていました。また浴室も2階ですので入浴も出来ていませんでした。その分近くの、日帰り温泉を利用したりしていました。
この頃娘が「2階の浴室を利用したらどうか」と何回も言うのです。つまり彼女は私の体力と筋力を見てか「自分が手伝うから、一緒に2階に行って、シャワーしよう」と頻繁に言うのです。実は私も2.3日前から頭が痒くて仕方がなかったのです。そこで意を決して「朝7時 2階に上りシャワー浴をしよう」と前の日から約束をしたのです。

私は早朝5時30分に目を覚まし、彼女を7時に起こし、2階の階段登りにチャレンジしました。前にも2回ほど階段登りにチャレンジしましたが、その時は私の知り合いのPTさんと一緒でした。今回は娘と一緒です。少し不安はありましたが、彼女の階段登りの時のサポートはしっかりしていました。そうして難なく2階まで上れました。上まで上った時はまるで、子どもの様に「お父さん登れたよ」と大声を上げ喜びました。
本当に嬉しい事です。彼女のしっかりしたサポートはPTさん以上コツを踏まえていました。そうして、浴室でシャワーがで気持ちよかったです。
今度は下りです。ですが、一回もつまずかず下まで行けました。
階段の上り下りはリハビリとしてはとっても難しいです。毎日毎日、家の庭から道に出るのが大変なリハビリです。それを訓練していたので、階段もその要領が身についたのかも知れません。

家には何の介護用品を使っていません。玄関には段差バリバリ、階段と手すりは左だけ。それを横に向いて、上り下りです。
障害者がいると、当たり前の様に住宅を改築するのが普通です。ところが我が夫は特に何も介護用品を使わず、生活する事が当たり前と思っているようです。私も最初は どんなことを考えているのか、疑問を持っていましたが、やっと彼の考えが理解してきた感じです。家に車椅子もありません。もし車椅子があったら、すぐに車椅子を使っていたかもしれません。
まだまだリハビリは続きます。その時その時を楽しんでリハビリとをしていきたいです。やはり家族とともに頑張ることが大切ですね。

>>助産師 朝比奈ドキュメンタリー01から読む

繋がりマーク
打撲の時の湿布作り

先日書きました、階段で足がフニャリとなり 手すりに捕まりましたが捕まり

産前マーク
すごーく痛かった

1月8日の夜中に階段から転倒したことは前回書きました。その後2,3日特

産後マーク
間違って電話

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくおねがいします。

繋がりマーク
ありがとうの今年

2月15日は私が脳出血で入院しました。 そうして、今います。まるで奇

産前マーク
やっと2階のお風呂につかりました

12月24日クリスマスイブのこと。作業療法では、午前中クリスマスにあや

PAGE TOP ↑