お産はリラックスが大事

公開日: : 日々のこと, 自然なお産

私は3年前アメリカ、ケンタッキー州のKさん宅を訪れました。目的は私の助産院で2人お産し、今度3人目を彼の故郷のであるケンタッキー州で自宅出産をすると言うお話を聞いていたので、私は、是非その出産に立ち合いと、単身ケンタッキー州の彼女の自宅に訪問したのです。
彼女は自分のお産の為、妊娠ジム通いをし、筋トレ、ヨガ等、また近くの公園を散歩したりしていかに自然分娩するか努力しました。しかし経産であっても、中々陣痛が来ません。自然のお産は待つしかありません。努力して待つ、まさに「人事を尽くして天命を待つ」です。
予定日から1週間以上遅れましたが、無事自宅出産できました。私は彼女自宅で20日間ホームステイして、お世話になったのです。「もしかして、私が居候をしていたので、赤ちゃんはなかなか生まれなかったのかも?」と、考えていました。結構、微弱な陣痛が来ていましたが、もう少し本陣痛が来ません。いよいよ私の帰国の日が近づいてきます。出発日を延長しました。しかしお産になりません。私は、彼女に「もしかしたら、あなたは私が帰ると直ぐに陣痛が来るかもしれないので、陣痛が来たら直ぐに助産師を呼んでください」と、言って飛行場に向かいました。
そうして、案の定私が彼女の家を出発して、飛行場で飛行機を待っている間の2時間後にぽろりと、水中出産をしたのです。ですから、私は彼女の出座に間に合わなかったし、赤ちゃんは、お母さんがなんの緊張も無くなったら、本当に生まれるのだなーと、実感しました。お産はいつか生まれるのです。しかし妊娠期間にどれだけ体の訓練をするか。そうして、後はお任せ、お待ちして、リラックスが大切であることを学びました。いつも、お産のミラクルには驚かせられます。

彼女の自宅水中出産の体験談をズームで発信します。

https://ameblo.jp/yossy721/entry-12707544712.html

繋がりマーク
雪の中のデイケア

早いものでもう1月になり18日です。ところが今年の1月は例年より雪が多

産前マーク
足が痛くて

1月10日祝日、世間ではお休みです。しかしデイケアではお休みでありませ

産後マーク
2022年明けました

おめでとう御座います。本年も、どうぞよろしく。 年末からこちら滋賀は

繋がりマーク
年末の1日

今日は12月27日です。月曜日なのでデイケアの日です。しかしこちらの地

産前マーク
突然の友人の訪問

火曜日、浜松の友人から「明日自分の時間が空いたので、滋賀に行っても良い

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑