楽しい1日

公開日: : 日々のこと, 自然なお産

アメリカからこのコロナ禍の中Kご一家が我が家に滞在してもう1週間になる頃、zoomで水中出産のお話を発信してくださいました。

私は2.5年前、丁度5月にお産が無かったので、彼女のお宅に2週間以上ホームステイして、彼女のお産をお待ちしました。
毎日のトレーニングジム通い。まだ日本では妊婦が一般のトレーニングジムに通う人はあまり見受けませんね。彼女は上に2人のお子さんがおりますが、1人は学校。5歳の弟君はご主人の弟さんのご一家に預け、Kさんはお産のための身体の訓練のためジム通いです。私も、彼女と一緒にジム通い。その後は近くの公園の散歩です。時には、ケンタッキー州にあるシェーカービレッジに行きました。シェーカー教の人たちが住んでいたところです。その野山を数時間かけて、妊婦さんと、弟さんのご一家のホームスクーリンの子供達とピクニックしました。野山は結構険しかったですが、妊婦のKさんは楽しそうに3時間くらい歩きました。
楽しい妊婦時の体の訓練をしたのですが、やはり予定日を超えてもなかなか来ません。それでは、鍼灸はどうか?ということで、女性の鍼灸のオフィスに行き、針をやってもらいました。
しかし陣痛は来ません。しかし待つしかありません。私の航空機の出発を1週間くらい遅らせました。しかし陣痛が来ません。私 がホームステイしているがために彼女の精神的リラックスができないのではと思い、いよいよ私の出発の日が来ました。私は彼女に「私か出発したらすぐに陣痛が来るかもしれないので、そのときはすぐに助産婦を呼んでね」と言ってご主人に飛行場まで送ってもらいました。空港で飛行機を待って1時間経った頃、赤ちゃんが産まれたと動画が届いたのです。水中で大変リラックスした安産だった様で本当に何よりです。

その赤ちゃんTちゃんが初めて私の家に来ました。彼女はお母さんのお話だと、とってもシャイで人見知りをしていた様です。アメリカでのことですが、しかし彼女が私の家に来たとき、私がソファにそわって居たのですが、彼女は私のそばにきて、前から知っている人の様になんとなく人懐こい感じで私に接してくれたのです。それはまるで犬が犬の好きな人のところに自然に近寄る様にそんな感じがしたのです。彼女の出産には立ち合いませんでしたが、お腹の中でもしかして、私の声を聞いていたのかしら?と不思議に思えました。
なんかお腹から私を見ていたのかしら?とミステリーな感じでした。そうして、とっても可愛かったです。

Kさん一家の2人は私のところで出産、そうして最後の赤ちゃんは私がアメリカまで行ったけど私の出発の日生まれたのです。なんだかんだといっても、私の孫の様です。とっても楽しかったです。家にまだ孫はいませんが、私のところで生まれた赤ちゃんは私の孫といえます。本当にありがたいと感じました。

本の感想文

お元気ですか?この頃少しずつ「産み方は生き方」本の感想文が届いていま

産み方は生き方

出版した本「産み方は生きかた」がAmazon売れ筋ランキング1位を取

本が出版されました

4月25日私の本「産み方は生き方」が出版されました。大変嬉しいです。

春爛漫デイケアの1日

今日は4月6日、大変良いお天気です。外気温は21度で5月の陽気だそう

今を楽しく幸せに

桜の花が8分咲です。今日は土曜日です。デイケアはお休みです。午前7時

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑