素晴らしい繋がり

公開日: : 日々のこと

2002(平成14)年3月1日より、従来の「保健婦助産婦看護婦法」は「保健師助産師看護師法」と改められました。 この改正に伴い、「助産婦」という名称も「助産師」と改められました。
そうです。20年前、助産婦が助産師に名称が改正されました。

私は丁度20年前、日本に男性助産士が誕生しようとなった時、助産婦の有志が東京の矢島助産院に集まり、反対運動に動き出したのです。
国会の議員会館厚生労働委員会の国会議員に男性助産師はまだ日本には女性がまだ自分の意志をしっかり伝えるだけ自立していない、人々が多い中もし男性助産士ができたら?女性は我慢してお産をしなくてはいけない。それは決して女性にとって幸せなお産にはつながらないと、特に開業助婦が立ち上がったのです。その時国会議員でした、堂本暁子先生、そして中川智子先生の議員会館に男性助産士反対運動の為要望、請願書等を携えて足繁く通いました。
その運動の結果男性助産士は凍結です。しかし助産婦の名称は改正になったのです。
厚生労働委員会で国会討論会があり看護協会側の国会議員清水嘉与子氏は助産婦の婦は「女に箒と書きます」と発言。中川智子先生は「助産師の師は詐欺師の師と書きます」とまさに厚生労働委員会で珍討論がされたことを思い出します。

それが、4日前の私の知り合いの方が、私のところにいらっしゃいました。
「あなたの書いた本を私の知り合いにおくりたいのですが」とたずねていらっしやったのです。私は「失礼ですが、どなたに送られるのですか?」と伺いました。するとどうでしょう、その方の名前が堂本暁子元国会議員と、中川智子元国会議員のお名前を上げるのです。私は、びっくりして、実は私も、そのお二人は存じ上げています。と、20年前の男性助産士反対運動のこと、名称改正のことを彼女にお話ししたのです。彼女も私共より少し前に琵琶湖の水を綺麗にする運動で国会まで走っていた方だということがわかりました。私は、この接点は本当に不思議です。
当時国会には女性議員が結構いらっしゃいました。
私も丁度50歳代でした。滋賀県からよく国会まで通いました。そうして今、回り回って中川智子先生と直接お話ができて大変嬉しかったです。また私とところにいらっしゃって下さったFさん本当にありがとう御座いました。もう少し世の中を変革することが待っているのかもしれません。
どうかこれからも女性の立場から行政に目を向けたいと思います。
なんと素晴らしい、繋がっているんですね。
本当に素晴らしい繋がりをありがとうございます。これは奇跡ですね。

もうすぐ電子書籍出版です

私はこのブログを自分が脳卒中をした2020年2月15日から書き始めま

やっぱり今が大切

私が週に3回参加しているデイケアでのお話です。デイケアの人員は時には

感動のサイン会

「産み方は生き方」の本の出版サイン会を終えました。私は、私の住んでい

買い物へ行く

お天気が良ければ近所の神社まで散歩をしたかったのですが、あいにく雨で

7/16(土)サイン会

みなさんお元気ですか?お時間がありましたらお会いしたいです 朝

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑