*

助産師 朝比奈ドキュメンタリー03

公開日: : 日々のこと

【76歳にして2回目の脳内出血をした助産師 朝比奈のドキュメンタリー03】

救急病院で約1ヶ月近くすぎる頃、リハビリ病院へ行く決断しなければなりません。どこの病院が良いかを友人を通じて色々探して頂きました。すると家から近いO病院が、良い病院の中にランクされていたのでその病院に決めました。しかし面談しながら“O病院は新型コロナウイルス感染防止のため 家族でも面会謝絶”と聞き、すぐに入院をやめたい旨を係の方に話したのです。

今まで入院していた病院は、面会は自由で毎日のように友人や知人が訪れ、夫も、夕方差し入れをもって必ず来てくれ、動かなくなった足を揉んでくれました。そんな日々を送っていた私がもし面会謝絶となったら、どんな心情になるか不安でした。夫や友人の激励でどうにか自分も頑張ろうとモチベーションを上げていたのです。

それが無くなると自分はどうなるか不安でした。すると私がリハビリ病院を断った事を聞いた主治医が驚き、お部屋に入って来て「あなたは今リハビリするのが大切なのだ」と真剣に言うのです。私は彼の真剣な姿勢にリハビリ病院に行くことにしました。

決めるのには覚悟がいると思いました。リハビリのためO病院へ行くのを決断しました。

繋がりマーク
同じ誕生日

少しリハビリで歩く時間が増え 体力的に大変で時間がなく、ちょっとブログ

産前マーク
77歳の誕生日のサプライズ

(昨日の話です)今日は私の77歳の誕生日です。 病院で迎える誕生日は

産後マーク
トイレの自立

半身麻痺になると、最初はどうしてもおむつのお世話になります。しかし、そ

繋がりマーク
人事を尽くして天命を待つ

私は、妊婦さんに対して 妊娠中に運動の奨励をします。 そこで日々少し

産前マーク
これっておかしくありません?

おはようございます。今日も快晴、緑美しい5月の朝です。病院の窓からは鈴

PAGE TOP ↑