太郎坊で号泣

公開日: : 日々のこと

今日も爽やかなお天気で夫と一緒に太郎坊登りです。最初の数段を登るのに軽々しく登り始めました。彼はなかなか上手くなったなあーと、褒め言葉、私は自分では左の足と手があんまりご機嫌が良くないので、彼の誉め言葉を聞きながら沈黙していました。左手で手すりを捕まえて、一段一段階段を登っていくのですが、丁度階段を100段くらいまで登った頃から、左手がうまく効かなくなり、手すりを掴むことができなくなり、ぱらり、ぱらりとてすりからはずれ、大変危険です。また、左足も重くなかなか上の階段まで上がりません。私は上の階段と、下の階段を見ました。さて、今日は急に、体が弱って登るか、下がるか考えてしまいました。つい夫に「もう登れないわ」と否定的な言葉を言ってしまいました。そうかと言って下に降りることも難しいです。私は自分の手に「大丈夫だよ、もう少し頑張ろうね」と、励ましながら一段一段と丁寧に登り始めました。そうして、よくできると「そうそう、上手、上手」とまるで自分の赤ちゃんのように褒めながら上りました。そうしてやっと、中腹のベンチのところまで来ました。ほんとうにがんばりました。

私はどういゆうわけか、何となく悲しくなり号泣してしまったのです。丁度周りには誰も、階段を登っている人がいないので、大きな声をあげることができたのです。「ごめんなさい、お父さんこんなに迷惑ばかりかけて」と泣けてきたのです。私は自分でも、びっくりするくらい驚きました。あんまり夫の前で泣くこともなかったのですが、どうしてでしょうか?自分で考えてみました。そうすると心当たりがしました。

1つは、娘が東京に帰ったのです。彼女が私達と離れた事は自分ではそんなに寂しく無かったようでしたが、やっぱり何処かでその気持ちがあったのでしょう。
もう1つは、長年借りていた別宅の庭が駐車場建設の為工事をしていることが気になっていたのかもしれません。その家は今は他の方が借りているので、もちろんその方の自由ですが、もう少し早く知っていたなら今迄あった木々の為「ちょっと待って」と言えたかもしれないのにと、なんとなく後悔があったのでしょう。

人間の心は本当に不思議ですね。いつも、なんなく登っていた階段が登れなくなってしまうのですね。
心がいつも平穏であることが大事なのですね。でも今日は涙を出したので、もしかすると、スッキリしたかも知れません。
もう大丈夫。
明日も早朝から太郎坊を登りましょう。
山あり谷ありですね。
生きる事は。

繋がりマーク
雪の中のデイケア

早いものでもう1月になり18日です。ところが今年の1月は例年より雪が多

産前マーク
足が痛くて

1月10日祝日、世間ではお休みです。しかしデイケアではお休みでありませ

産後マーク
2022年明けました

おめでとう御座います。本年も、どうぞよろしく。 年末からこちら滋賀は

繋がりマーク
年末の1日

今日は12月27日です。月曜日なのでデイケアの日です。しかしこちらの地

産前マーク
突然の友人の訪問

火曜日、浜松の友人から「明日自分の時間が空いたので、滋賀に行っても良い

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑