自分はどうなりたいか

公開日: : 日々のこと

この間カナディアンロッキーに行った時、私の杖をロッキーに忘れて来てしまったのです。私が丁度新しい杖を買おかしらと思っていたところでしたので、あまり落胆はしないでいました。それより「あまり杖に頼り過ぎもなあー」と考えていましたので、それ以後杖なしに生活しています。家の中では椅子が杖代わりです。また家から出てデイケアに行く時は夫の手が杖代わり。またデイケアではスタッフの肩が杖です。スタッフ方は「杖をいつ買う?」と聞いて来ますが、私は「今の所、杖なしで頑張ってみようと思うのです」と言っています。夫と家を出る時、彼は私の左の腕を持って歩いてくれます。私は左半身不随なので左手がしっかりするとバランスが取れると言うのです。その通りです。彼の手がしっかりと私の左手を持ってくれるのが大変良い様に思いました。だんだんバランスができてきている様に感じます。しかし私は右手で杖を探します。それがないと、庭に木立があればそれを掴んだりして歩きます。ない時はバランスを意識して1.2.3.4.と声を出してゆっくり歩いています。少しずつ少しずつ歩くのです。
やっぱり旅行から帰って来て私の行動と心に変化が出て来た感じがします。すごいです「自分がどうなりたいか」それが大切なのだと思います。そして努力です。人間は甘いからついつい逃げたくなります。しかし努力のみです。何だか昨日YouTubeでレオナルド・ダ・ヴィンチ・ノートを読んでいるのを何となく聞いていました。彼はすごい。自分に何か災難が降っても、自分はそれを乗り越える自信があると明言するのです。その心が大切です。私も彼のその心を知りたくて、彼のダ・ヴィンチ・ノートに興味を持ち始めて読み出そうと思い始めています。まだ図書館から借りていませんが…。
あ、それから本当は今日から上高地旅行に行こうと予定を立てていました。しかしお天気の様子が気になるのでキャンセルの連絡をしたのです。キャンセル料は取られる様ですが…。やっぱり車椅子で旅行は、雨は禁物ですものね。そうして、これからまた読書をします。今日は堤未果の「ショックドクトリン」を読みました。色々な方向から国が行っているのを注視する必要を感じました。

今日のデイケア

私は二回目の脳卒中を発症して4年目になります。今日は週一回の一日中の

沢山の幸せを感謝

こんにちは、長くブログをご無沙汰致しました。私は最近大変素晴らしいこ

81歳の素晴らしい歌声

日曜の午後、私は81歳のMさん(イタリア人)の歌の発表会に。車で連れ

産婆冥利

 19年前に出産した母親3人にお会いしました。Kさんはお子さんが3人

ニュースレター4月号の記事

「お産&子育てを支える会」が発行している「ニュースレター お産&am

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑