助産師 朝比奈ドキュメンタリー23

公開日: : 日々のこと

【76歳にして2回目の脳内出血をした助産師 朝比奈のドキュメンタリー23】

昨晩寝る前に少し頭が痛いので、デパスを飲んでよく眠れました。そして今朝、トイレに看護婦さんと一緒に行きました。ところが立った時にふらりと体が揺れ、コントロールを失い立て無くなりました。男性看護師の力を借り、やっと便座に座れました。このようにトイレでコントロールを失ったのは2回目です。とくに怪我もなくまた立つ事が出来ましたが、たかがトイレされどトイレで本当に大切です。

「朝一番のトイレは危険だから、朝食の後からトイレに行く練習をしよう」と看護婦さんに言われました。「少し自分で行動出来るようになってから骨折などする患者がいる」という話をきくと、トイレと言っても真剣に考える必要がありますね。ちょっとの心の緩みが禁物です。やはり、トイレ訓練がすごいリハビリだと思います。

雪道は怖いです

1月5日滞在型のリハビリに入居しました。しかし金 土 日には自宅に帰

トレッドミルにのれました

少し膝の痛みが軽くなり,トレッドミルに乗り歩行練習ができました。私は

家は病を治す薬があるのでは?

大変です。昨日の夜寒くて足が冷たくてなかなかねむれなかったのです。そ

滞在リハビリ1/8(日)

今日も日曜日でしたが,リハビリを10時からやれました。トレッドミルを

滞在リハビリ1/7(土)

ここ滞在型リハビリに入所して4日目、念願の「大」も無事出ました、昨日

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑