車椅子で新幹線に乗ろう

公開日: : 日々のこと

この度、私は新幹線で東京に行くのは三回目です。もし身体障害者の方で東京に新幹線で行くのがちょっと難しく考えていらっしゃる方に少しお力になればと,私がどんな準備をしたかお話ししましょう。
1)東京に行く日を決めます。
2)何時何分の新幹線に乗るのかを決めます。
3)スマホの「JR お出かけネット」ページを開き車椅子を使ってどのように新幹線に乗るかが説明されております。
4) 私は滋賀県に住んでおり,新幹線は米原駅を利用していますので直接、米原駅の車椅子利用係に電話をします。「 0794-52-6189」
私が何時に東京に行くかを伝えます。自分で車椅子を持参していくかどうか伝えます。
私は車椅子を利用するのは駅の改札口から11号車の多目的室までの予約です。東京で娘が車椅子を持参してくるので改札口までJRの方が運んでくれます。
「多目的室「個室」を予約」指定席費用で切符が買えます。

新幹線の11号室にある多目的室の個室です。障害者や個室が必要な人があらかじめ個室のお部屋を予約できます。私は個室でソファーがありますがそれを伸ばすとベットになり、横になって東京迄楽に行けます。また車椅子で使えるトイレがすぐ近くにあるのでこれも大変便利です。
私は多目的室に入ると、トイレには杖を使って行っていました。
車椅子の介護を本当に手厚くしていただいたので、もっと旅行を楽しく行けるでしょう。
なんでも最初は不安がいっぱいだと思いますが、少し勇気を出して新しいことにチャレンジすることをお勧めします。すると、本当に脳の中の幸せホルモンが増加することを感じるでしょう。そうしてもっと楽しくリハビリができると思います。障害者でもたくさん旅に出ることにより認知予防にもなるのではないかと思います。

今日のデイケア

私は二回目の脳卒中を発症して4年目になります。今日は週一回の一日中の

沢山の幸せを感謝

こんにちは、長くブログをご無沙汰致しました。私は最近大変素晴らしいこ

81歳の素晴らしい歌声

日曜の午後、私は81歳のMさん(イタリア人)の歌の発表会に。車で連れ

産婆冥利

 19年前に出産した母親3人にお会いしました。Kさんはお子さんが3人

ニュースレター4月号の記事

「お産&子育てを支える会」が発行している「ニュースレター お産&am

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑