足の太腿の筋肉が痛む

公開日: : 日々のこと

夜中に、左の太腿の筋肉が痛んでたいへんでした。左は麻痺側です。このごろ足がしっかりして来て頑張っていました。ですから、右側の膝の痛みも和らいでいたのです。しかし、夜中 左の太腿がカチカチに硬くなり、痛みを感じタオルで温湿布をしたり 湯たんぽを当てたり いろいろし、朝になりました。朝はリハビリが10時11時とありましたが足が痛くて リハビリのお部屋に行けません。リハビリの方に、ホットパットを貸してもらったり 足をさすっていただいたり 部屋の中でリカバーするようリラックスしていました。

考えて見ましたら、このごろ毎日歩ける事が嬉しくて 余り患部の左足に気配りしていないのに気付きました。しかし 本当に身体は正直ですね。頭では「歩けるから」と 休む事に気を使わなかったら、体の方が悲鳴を上げるのですから。「本当に申し訳けない」と左足を撫でながら言いました。午後の4時が最終のリハビリでしたが,理学療法士の彼女に身体をベット上でマッサージしていただき どうにか 楽になったので、最後は お部屋の中を杖をついて装具を付けず歩く事ができ少し安心しました。
いつも、からだのことを気遣う事が大切だと思いました。

>>助産師 朝比奈ドキュメンタリー01から読む

この頃思うこと

私はもう79歳です。なんだかいつの間にかこんな歳になりました。実は先

産婆冥利

4日前に1人のお産がありました。彼女は3人目のお産です。1人目のお産

チャレンジは楽しい

デイケアをもう少しレベルアップしたいです。実は私は週に3回の筋トレマ

デイケアの一日

朝8時30分にお迎えの車が来ます。この車には特にデイケアの名前はつい

2回目トレッドミル

9月29日、本格的にトレッドミルにチャレンジしたいと思いましたら、隣

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑