ふくらはぎが痛む

公開日: : 日々のこと

左足のふくらはぎが痛んで夜中ピクピク痙攣が起こり、あまり眠る事ができなかったです。
また、同じ事をやってしまいました。

昨日「筋肉がどんなに強くなったか測定をさせてください」と、私の足を三角形の台に乗せチェックをしたのです。理学療法士は「そうそう、もう少し」とエールを送るので、私は その気になって 頑張って一心不乱に自分の力のありったけを出してしまったのです。
頭に「もしかしたら、また筋肉痛になるかも」とよぎりました。やはり同じです。今度はふくらはぎです。夜中じゅう 足が痛くてほとんど眠れませんでした。しかし、お風呂の時間が10時にあったので、お風呂に入り脚をマッサージしたら、おかげでどうにか午後のリハビリはできました。

今回「あまり無理をしてはいけない」と痛感しました。しかし、なかなかその感じができないので これからのテーマです。

>>助産師 朝比奈ドキュメンタリー01から読む

この頃思うこと

私はもう79歳です。なんだかいつの間にかこんな歳になりました。実は先

産婆冥利

4日前に1人のお産がありました。彼女は3人目のお産です。1人目のお産

チャレンジは楽しい

デイケアをもう少しレベルアップしたいです。実は私は週に3回の筋トレマ

デイケアの一日

朝8時30分にお迎えの車が来ます。この車には特にデイケアの名前はつい

2回目トレッドミル

9月29日、本格的にトレッドミルにチャレンジしたいと思いましたら、隣

  • 現在、朝比奈は左半身が不自由なので直接お産には関われません。夫が緑町診療所の1床で自然分娩をやっています。ここでは若い助産婦がお産をやっています。妊婦健診時には、朝比奈も若い助産婦と一緒に お話をさせてもらっています。実は半身不随になり、一度はお仕事を断念しようと思いました。おかげさまで生かされたので「まだ私のやらなくてはならないことがあるのでは」と思いなおしました。今のところ言葉には何の支障もありません。お仕事を少しでも違う形で続けられれば嬉しいと思っております。

PAGE TOP ↑